穂高〜安曇野

11月9日(土)のお話しです。




前日の天気予報で土曜日の天気が良さそうだということで
夫と「どこか行く?」という話になりました。
準備が全くできないので、
しずくには申し訳ないけれどお留守番をしてもらって
二人で穂高に行って来ました。




朝、乗った電車が偶然、リゾートビューふるさとという列車でした。
車内にはモニターがあって、正面に広がる風景が見られたり、
観光案内のアナウンスがあったりして、なかなか楽しめました。
しかし、この列車が特別なものだとは全く知らなかったので、
写真を撮ってません。
なんて残念な私……




穂高駅に着くと、穂高神社の巫女さんがお出迎え。
徒歩3分ほどのところにある神社に連れて行ってくれました。
(また写真を撮ってません。)
参拝の後、列車の旅を続ける方は駅に戻り、
私たちは駅前で自転車を借りて、大王わさび農園に行きました。

13111101.jpg




穂高の清流はとても澄んできれいです。

13111103.jpg




目の前でとまった赤とんぼ。

13111102.jpg




水車のある風景も絵になります。

13111104.jpg



行ってみてわかったことですが、こちらはワンコもOKです。
レストランにはテラスがあるので、そちらでならお食事もできそうです。




穂高には道祖神がたくさんあります。
大王わさび農場から自転車ですぐのところにある
水色の時の道祖神に行ってみました。

13111109.jpg 13111105.jpg


「水色の時」って、大竹しのぶさんが主演の朝ドラのこと?
と思って調べてみたら、ビンゴでした。
この道祖神は昔からあるものではなく、
「水色の時」(1975年4月〜10月放映)のために作られた道祖神で、
それがそのまま保存されているのだそうです。




このあと、穂高駅まで戻り、自転車を返してから
徒歩5分ほどのところにある碌山美術館に行ってみました。

13111106.jpg


こちらには安曇野出身で日本近代彫刻を開いた
荻原守衛(碌山)と高村光太郎など碌山の友人の作品が展示されています。
碌山は30才と早世だったため作品の数が少ないのと、
彫塑ということで地味な美術館ではありますが、
こじんまりとまとまっているのと、
建物や庭に趣があるのでとても居心地のいい美術館です。



この辺りの紅葉は見頃を過ぎているそうですが、
庭のモミジがとてもきれいでした。

13111107.jpg




晩秋の穂高安曇野は水も空気もきれいでとてもよかったです。
今度はしずくも連れて訪れたいです。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

naomika

Author:naomika
<しずく>
11062602.jpg

シーズー♀
2004年5月3日(推定)生まれ
2008年3月動物愛護センターからCATNAP(現ARCh)に引き取られ、同年5月3日我が家に来てくれました。
食べることと眠ることが大好きです。
2015年6月25日、お星さまになりました。


<まい>
まい

シーズーmix♀
2015年6月10日(推定)生まれ
2015年6月動物愛護センターからARChに引き取られ、同年9月7日我が家に来てくれました。
ナデナデと抱っこが大好きな甘えん坊。
いつもお尻尾プンプンです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

しずくの好きなもの

   

里親募集中