4本足の市民

今日の朝日新聞夕刊にあった記事です。



金融危機に見舞われているギリシャでは、捨て犬捨て猫が急増。
首都アテネでは動物保護に関する予算が半減する中、
それでも「1頭も殺処分しない」という方針を守っているそうです。


アテネでは野良犬猫はシェルターで保護されます。
2週間かけて予防注射、去勢避妊手術をし、
マイクロチップを埋め込みます。
そして里親募集をして希望者がいたら引き渡します。



では、ここで問題です。
里親希望がなかった子はどうなるでしょうか。
1、(安楽死を含む)殺処分。
2、シェルターで終生飼育。
3、再び路上に放つ。





答えは、「3、再び路上に放つ」です。




日本には「地域猫」がいますが、アテネでは「地域犬」もいて、
住民や動物愛護団体が面倒を見ているそうです。
そして地域犬たちはしばしば反政府デモにも参加しています。




どうか人もワンコもケガなどしませんように。



犬を飼育する上で、一番の問題は「噛む」ことではないでしょうか。
欧米諸国でも人を噛んだ犬は殺処分されることが多いようです。
しかし、アテネは違います。
人を噛んだ犬はシェルターで凶暴性をチェックし、
問題がなければ再び路上に放たれます。
そして凶暴だというレッテルの貼られた犬がどうなるかというと……。




「番犬の素質がある」ということで、
警備会社などに引き取りを要請する

のだそうです。



このような「アテネ方式」が始まったのは2003年。
10年間で約4400頭を保護し、
うち1000頭は里親希望者に引き渡したそうです
(つまり残りが地域犬猫)。
これら動物愛護関係の予算は経済危機により
当初の半分まで減っているそうですが、
獣医師会や動物愛護団体などのボランティアや経費の一部負担などで
この方針を曲げていないということです。
獣医師でもあるアテネ副市長のアントロノプス氏は
次のように話しています。
「アテネは民主主義の生まれた地。
人間は他の動物よりも理性的に考えられるのだから、
自分たちよりも弱い『4本足の市民』を守る方法を
考えなければならない」。




地球上にはこんなふうに犬猫でも生まれた命を大切にしている場所があります。
私たちの国でも殺処分をなくせるようにしたいと改めて思いました。

13062306_convert_20130623190656.jpg


しずくが可愛いから、しずくのお友達も助けたいのです。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

naomika

Author:naomika
<しずく>
11062602.jpg

シーズー♀
2004年5月3日(推定)生まれ
2008年3月動物愛護センターからCATNAP(現ARCh)に引き取られ、同年5月3日我が家に来てくれました。
食べることと眠ることが大好きです。
2015年6月25日、お星さまになりました。


<まい>
まい

シーズーmix♀
2015年6月10日(推定)生まれ
2015年6月動物愛護センターからARChに引き取られ、同年9月7日我が家に来てくれました。
ナデナデと抱っこが大好きな甘えん坊。
いつもお尻尾プンプンです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

しずくの好きなもの

   

里親募集中