サロン・ド・naomika

前のトリミングから1ヶ月以上がたちました。
そろそろトリミングに連れて行こうかな……と夫に話したところ、
「せっかくハサミを買ったんだから、ちょっと試してみたら」
という無謀な一言。
そこで気になるところをチョキチョキ

16072501_convert_20160725140036 (1)

16072502_convert_20160725140059 (1)




まずはいつもの頭頂部。
ここはクセが強いのでちょっと伸びるとすぐに毛先が上を向いてしまいます。
私がうまくブローができればいいのですけれど、
なかなかそうはいかないので切った方が楽でした。
次に、伸びておじいさんのようになってしまった
マズル辺りを切ってみました。
切ってみて気がついたのですが、
まいは顔は黒いのですが、マズルが白い。
それなので、うまくできないとやたらと目立ちます
写真向かって左側が明らかに失敗です




このあと足裏も整えてみました。

16072503_convert_20160725141921.jpg



前のバリカンはARChのフリマに出しましたので
今回はハサミで整えてみました。
バリカンだと切り過ぎてしまいそうで怖かったですが、
ハサミだと少しずつできるので案外やりやすかったかも。
それに音がしないのもよかったと思います。
これは前足でまぁまぁうまくいきましたが、
後ろ足は切り過ぎたところがあって、
ちょっと不恰好になってしまいました。



いろいろ難しく、失敗もしてしまいましたが
幸い、まいの毛は伸びます。
しばらく放っといてからトリミングに連れて行けば
なんとかなるでしょう。
ママトリができるようになれば
なにかと安心だと思いますので
これからも続けてやってみようと思います。





ところでしばらく前のお話しです。





7月19日、ARChの預りっ子のチャーリーくんが亡くなりました
チャーリーくんが愛護センターからあんなさんのおうちに引き取られた頃、
まいは我が家に来ることは決まっていましたが
まだあんなさんのおうちでママやきょうだいと
キャハキャハと遊んで過ごしていました。
それでチャーリーのことはまいが我が家に来た後も
ずっとあんなさんのブログを通して見守ってきました。




ご存知の方も多いと思いますが、
チャーリーくんには引き取られた当初から
鼻にとても大きな腫瘍がありました。
そうは長くは生きられないと思われたチャーリーくんを
ARChのスタッフさんたちは、
チャーリーくんを看取るつもりで引き取ったのだそうです。




あんなさんのおうちで過ごすようになって11ヶ月。
チャーリーくんは食欲旺盛でなんでもよく食べていました。
あんなさんが里親会に連れて行くと、
たくさんの人からいっぱい声をかけてもらって
ご機嫌さんだったそうです。
亡くなる2日前の17日の里親会にも参加して
いろんな人から撫でてもらったりオヤツをもらったりして
楽しく過ごしたそうです。
センターに保護される前のことは全くわかりませんが、
それからはARChのスタッフさんやたくさんの方の温かな気持ちに囲まれて
最後の一瞬までチャーリーくんの毎日は
穏やかで優しくて幸せなものだったと思います。




チャーリーくんを見送る記事
あんなさんは次のように書いていらっしゃいます。


病気になってもワンコは悲観しないから、
パパママも悲観せず、見捨てずに一緒にいて欲しい



動物病院は自由診療ですから治療費はかかります。
だけどせめてそばにいることはできる筈です。
病気で苦しむ子を見るのは辛いかもしれません。
だけど一人ぼっちになってしまったら
その子はどんなに寂しいことか悲しいことか切ないことか。
病気に罹る前、その子と過ごして楽しかったことはたくさんあったと思います。
その思い出を大切にするためにも、病気だからと捨てないでほしいです
(他のどんな理由でも捨ててはダメですけれど)。




チャーリーくん、そちらの世界はいかがですか?
お散歩が大好きだったチャーリーくん。
鬱陶しいものがなくなった軽い体でいっぱい歩いて
いっぱい遊んで楽しく過ごしてくださいね。
美味しいものもいっぱい食べてね。
そして時にはこちらの世界を見守ってください。
チャーリーくんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
そしてあんなさん、本当にお疲れさまでした。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

sumika

ワンコに取ってもママトリの方が、緊張しないで済むでしょうね。
ワンコ自身は、こだわりはないでしょうし、楽な方がいいですよね。

チャーリーはいつも淡々としていて、文句も言わず、悲観もせず、
実際には、チャーリーの気持ちはわからないけど、見ていて
チャーリーに、勇気をもらった気がします。
お別れに、ありがとうと伝えたのは私だけではないと思います。

  • URL
  • 2016/07/26 22:43

ららママ

おうちでカットできればそれに越したことはないですよね。
うちも特に切るところはそんなにないのでおうちカットでもよいのですが、
何せ肛門腺しぼり、と、耳の洗浄、ができませんから
ふた月に一遍は専門家にお任せしています。

ところでチャーリー君のこと。
わたしもずっとあんなさんのブログ拝見していました。
強い子だな、というのが印象です。
最後まで立って歩いて、食べて、
あんな状態でよくぞ、とあっぱれという言葉しか出てきません。
合掌。

ワンコが病気になったからと
センターに持ち込む人の気がしれません。悲しいですね。
  • URL
  • 2016/07/27 16:53

naomika

⭐︎sumikaさま

ワンコも年をとるとトリミングの間、立っているのが難しくなるので
おうちでちょっとずつお手入れできた方が安心だと聞いたことがあります。
もちろんまいはまだ若いので体力的な問題はないですけれど、
頭頂部だけはすぐに伸びてしまうので
家でカットできた方がいいなというのがきっかけでした。
まいは私がカットした方がいいならいいんですけれど。
どうなんでしょうね。

チャーリーくん、淡々と生きている様が逆に頼もしかったように思います。
人間はすぐ悲観したり投げやりになったりして、弱いですね。
ワンコは人にいろんなことを教えてくれますね。
  • URL
  • 2016/07/27 17:15
  • Edit

naomika

⭐︎ららママさま

私も肛門腺絞りや爪切りができません。
爪についてはまいは白い爪が2本あるから
それに合わせれば切れるかもしれませんが……。
自分でできるところはあっても、
まだまだトリマーさんのお世話にもなりそうです。

誰でも病気とか死に向かい合うのは
不安だし怖いことだと思います。
でもそれまでたくさんの楽しくて幸せな記憶を作ってくれた子を
見捨てるなんてやっぱりおかしいです。
もちろんどんな理由でも
遺棄なんてあってはならないことですけれど
年をとったからとか病気になったとかいう理由で
捨てられる子がいなくなってほしいと祈るばかりです。
  • URL
  • 2016/07/27 17:31
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

naomika

Author:naomika
<しずく>
11062602.jpg

シーズー♀
2004年5月3日(推定)生まれ
2008年3月動物愛護センターからCATNAP(現ARCh)に引き取られ、同年5月3日我が家に来てくれました。
食べることと眠ることが大好きです。
2015年6月25日、お星さまになりました。


<まい>
まい

シーズーmix♀
2015年6月10日(推定)生まれ
2015年6月動物愛護センターからARChに引き取られ、同年9月7日我が家に来てくれました。
ナデナデと抱っこが大好きな甘えん坊。
いつもお尻尾プンプンです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

しずくの好きなもの

   

里親募集中