My Sweet しずく

今日から何回かに分けて、しずくのことを書いてみたいと思います。
最初にお断わりしておきますが、
かなりダラダラとした話しになると思います。
そもそも私には文章能力がありませんが、
しずくのことについては今もそしてこれからも
まとめて考えることは無理なことだと思います。



6月25日(木曜日)

私が夕方、外出先から戻ると夫から電話がありました。
「しずくが病院でひどい痙攣を起こしたそうだ。
先生から『すぐに迎えに来るように』という電話があったので
病院に向かっている。
naoは家で待っていてほしい」
そんな内容でした。



5時半過ぎに家に着いたしずくは呼吸は荒くひどくぐったりしていました。
顔つきはいつもとは全然違っていて、
「こんな表情のしずくの写真は撮ってはいけない」
と思ったほどです。
でも顔や頭を撫でるといつもの「ふーーん」という鼻なきをしてくれました。
そこで
「しぃちゃん、わかる!?お母さんよ!お母さん!!」
と叫ぶと、しずくは薄眼を開けて頭を何回か起こしてくれたのです。
しばらくすると息づかいが穏やかになり
表情もいつものしずくになっていました。
そこで私たちは急いで夕食を食べ、
病院から出してもらった痙攣止めの使い方のことや
「また痙攣を起こしたら大変だから、今夜一晩は交代でしずくのそばにいよう」
と話し合ったりしました。
その後、夫は自室で休み、私はしずくを撫でていました。
するとしずくの息づかいが浅くなり出したのです。
「どうしたんだろう。苦しいの?酸素ボンベが必要なのかな。
スポーツ用品店で売ってるのでもいいんだっけ。
でもこんな時間にお店あいてるのかな。
明日でも間に合うかな」
などと考えているうちに
しずくの胸の上下動が止まってしまいました。
慌てて夫を呼び、何回も何回もしずくの名を叫びましたが、
しずくは二度と息をしてくれませんでした。



最初に吐血して2週間、手術から6日目、
そしてうちに帰ってきてから約2時間。
ものすごいスピードでしずくは走り去ってしまいました。
いつもしずくはのんびりゆっくりしていたのに、
どうして最後だけこんなにも早かったのでしょうか。

15060803_convert_20150608132722.jpg




吐血する3日前のしずくです。
いつもと変わらなく見えましたが、
食事をあまり食べなくなっていました。
その少し前に血尿が出て抗生剤を処方してもらっていましたので
薬のせいであまり食べられないとばかり思っていました。
あの頃にはもうお腹が痛かったんだね。
しずく、気の利かないお母さんでごめんね。
本当にごめんなさい。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

naomika

Author:naomika
<しずく>
11062602.jpg

シーズー♀
2004年5月3日(推定)生まれ
2008年3月動物愛護センターからCATNAP(現ARCh)に引き取られ、同年5月3日我が家に来てくれました。
食べることと眠ることが大好きです。
2015年6月25日、お星さまになりました。


<まい>
まい

シーズーmix♀
2015年6月10日(推定)生まれ
2015年6月動物愛護センターからARChに引き取られ、同年9月7日我が家に来てくれました。
ナデナデと抱っこが大好きな甘えん坊。
いつもお尻尾プンプンです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

しずくの好きなもの

   

里親募集中