FC2ブログ

しずくは頑張り屋さん

前にも書きましたが,
昨日,しずくは角膜上皮びらんの手術を受けました。
コメントをくださった皆さん,メールをくださった皆さん,
本当に本当にありがとうございました。
感謝してもしてもまだ足りない気持ちです。
おかげさまでしずくは無事私たちの許に
帰ってくることができました。



うまくまとめられないと思いますが,
今回の病気や手術の話しなどを書きたいと思います。



昨日は朝,しずくと散歩をしてから
病院に連れて行きました。
眼科の先生から再度、手術について説明を受けました。
私としては手術が終わるまで待っていたかったのですが,
「6時半にお迎えにきてください。
もし遅れるようでしたら,ご連絡します」
と言われ,病院を出されてしまいました。



ここで角膜上皮びらんという病気とその手術について
先生からの説明を簡単に書いておきたいと思います。

角膜は4つの層からできています。
このうち一番上の第1層とその下の第2層は
接着因子という
いわば接着剤のようなものでくっついています。
角膜上皮びらんは、この接着因子の働きが弱くなってしまい
第1層が第2層からはがれてしまう病気です。
接着因子が弱くなってしまう原因は不明とのことです。
ただ、体質的な要素が大きいようで,
食生活や薬などでは回復できないということは
わかっているそうです。



手術は、第1層のはがれてしまった部分を除去し,
第2層の表面にちょんちょんといくつもの傷をつけます。
これにより第1層が修復してきた時に
第2層にくっつきやすくしてあげます。
そして、第1層が第2層をうまく覆うまでの痛みを避けるために
ソフトコンタクトレンズでカバーします。
今回の手術では,
しずくの右目の角膜の半分近くを除去したそうです。



手術中の麻酔については,
暴れた場合には全身麻酔になるそうです。
しかし、しずくは少しイヤイヤをしただけだったので,
点眼麻酔と少量の安定剤ですんだそうです。
お迎えに行くと先生が
「大人しくておりこうさんですね」
と褒めてくださいました。
帰宅して、しばらくたっても
しずくは疲れたようにぼんやりしていましたが、
ご飯を出すと
いつものように元気に平らげてくれて,
ホッとしました。



それから昨晩は,私や夫がそばにいないと
しずくは珍しく鼻泣きをしました。
寝るとき、私はしずくのそばに布団を敷いて
電気をつけっぱなしで休みましたが,
しずくは何度も何度も
鼻泣きをしたり、吠えたりしました。
手術を耐え,そのあと一人きりでケージに入れられ,
よっぽど怖かったのでしょうね。
どんな気持ちだったのだろうと思うと,
可哀想でなりませんでした。
私が夜中に何度も目が覚めてしまっても,
しずくの辛さと比べたらどうってことないと思いました。
しずくが安心できるように,
これからしばらくはしずくのそばで寝ようと思います。



しずくは私の想像以上に頑張り屋さんでおりこうだと
よくわかりました。
夫と力を合わせ,
可愛いしずくのことを
これからもっともっと大切に愛していきたいと思います。

<次回に続く>
スポンサーサイト



Pagination

Utility

プロフィール

naomika

Author:naomika
<しずく>
11062602.jpg

シーズー♀
2004年5月3日(推定)生まれ
2008年3月動物愛護センターからCATNAP(現ARCh)に引き取られ、同年5月3日我が家に来てくれました。
食べることと眠ることが大好きです。
2015年6月25日、お星さまになりました。


<まい>
まい

シーズーmix♀
2015年6月10日(推定)生まれ
2015年6月動物愛護センターからARChに引き取られ、同年9月7日我が家に来てくれました。
ナデナデと抱っこが大好きな甘えん坊。
いつもお尻尾プンプンです。



こちらのブログではコメントは承認制にしています。
ブログの内容に関係ない場合など、コメントを公開しないことがあります。
なにとぞご了承ください。

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

しずくの好きなもの

   

里親募集中

                       

月別アーカイブ