まいが我が家にやってくるまで 番外編

ご存知の方も多いかと思いますが、
まいがあんなさんのおうちにいた頃の名前は「らぶ」でした。
5ワンのべびたんずのうち女の子が3ワンいて、
「あい」「らぶ」「ゆう」だったのです。
ところが昭和男子の夫が
「『あい』や『ゆう』はいいけれど、『らぶ』は恥ずかしい」
と言い出したのです。
私としても、前の子が「しずく」だったわけですから、
和風でできれば自然に関する名前がいいなぁと思っていましたので
名前を考えることにしました。



ところが私が出す案を夫が嫌がる嫌がる……
それで夫も考えてくれたのですが、
なぜか私の親戚筋にある名前ばかり出てきて、やっぱり却下。



そもそも前の子の「しずく」という名は
預かってくださっていたあーちゃんさんがつけてくださった名前です。
「しずく」は響きが大変可愛らしいし、
我が家の名字と組み合わせても馴染みがよく、
とても気に入っていました。
でも私には「しずく」級に可愛くて素敵な名前など
思いつかないことがわかりました orz



そんな折、しずくが我が家に来た時、
コーディネーターだったナナママさんが
「本当の名前は里親さんの呼びやすい名前に変えていいんですよ」
とおっしゃったことを思い出しました。
そこで和名で呼びやすい名前にしようと
あれやこれや考えて考えて悩みに悩んで出てきた名前が
「まい」だったのです。
8月にまいに会った時、あんなさんに
「『まい』にしたいと思います」とお話ししたら
あんなさんはそれ以降、「まいちゃん」と呼んでくださっていたようです。
あんなさん、あたたかなお心遣い、本当にありがとうございます。

P1390714_convert_20150911135629_convert_20150911135811.jpg


まいはうちに来た当日は、
「まいちゃん」と呼んでもさすがに反応しませんでしたが、
じきに振り向いて尻尾を振ってくれるようになりました。
まい、すぐに名前を覚えてくれてありがとう。
スポンサーサイト

まいが我が家にやってくるまで その3

まいを含む5匹のべびたんずは
あんなさんのおうちでめいっぱい食べて遊んで楽しく過ごしました。
時にはお部屋を荒らしたり……。

20150808_1773826.jpg

あんなさん、画像お借りしました。



いろいろかじりまくったりしたようです……

20150917_1818937.jpg

あんなさん、画像お借りしました。



あんなさん、本当に申し訳ありませんでした




7月の里親会の時に、まいのお届けは9月になると伺っていました。
でもそうなると1ヶ月以上も間があいてしまうということで
あんなさんがお忙しい中、まいに会える機会を作ってくださいました。



8月22日(土)、夫と二人でARChさんの事務所に伺うと
まいとアモちゃん(仮名 あい)、小梅さん預かりの来くん
あーちゃんさん預かりの黙花ちゃん寅くんが集まっていました。
いつもマイペース、美人な黙花ちゃん、ちょっとビビリな来くん、
愛嬌たっぷり甘えん坊の寅くんに囲まれて
まいもアモちゃんもキャハキャハと楽しそうに走り回っていました。
その時のまい。

20150824_1791757.jpg

あんなさん、画像お借りしました。



携帯でどうにかこうにか撮れたまいまい。

DCIM0198.jpg

(左に写っているのは、夫の足です。)


1ヶ月ぶりのまいは急に大きくなったような気がしました。
でもそれは気分ではなくて、本当だったようです。
まいは引き取られた当時はきょうだいの中で一番小さくて、
7月に会った時はゆうちゃんに次いで2番目に小さな子でした。
ところが8月に会った時にはりん太くんを追い越して
3番目に大きな子になっていました。
あんなさんに寄れば、
まいは口が小さくておっぱいがよく飲めなかったそうです。
それが離乳食になるとガツガツ(?)と食べるようになって
ど〜〜んどんどんどん大きくなっちゃったのだそうです。
すごいねぇ、まいまい。
これからもいっぱい食べていっぱい遊ぼうね。



そして我が家にまいが来てくれる日が、9月7日に決まりました。


<続く>

まいが我が家にやってくるまで その2

ちょうどその頃、我が家ではしずくがお星さまになりました。
そして、すぐにARChさんがしずくのためにお花を贈ってくださいました。
とっても立派できれいなお花。
しずくもきっと嬉しかったでしょう。
そこで私と夫は「ARChさんにお礼をいいに行かなくちゃね」と話し合いました。
できれば五十日祭前後に行ければいいなと思っていたのですが、
あいにく真夏でイベントは全くありません。
そこで7月の里親会に伺うことにしました。



それからほどなくして、私はシーズーの多頭崩壊の話しを知りました。
ARChさんでは11匹も引き取ったそうです。
それまでは朝も昼も夜も四六時中しずくのことを悔やんでいました。
また犬と暮らすなんて考えもできませんでした。
だけど、多頭崩壊の話しを伺って
「こうしてメソメソしてたってダメなんだ。
しずくだってきっと喜ばない。
すでにARChさんにいる子か多頭崩壊の子かわからないけれど、
また保護犬と暮らそう」
そう強く思うようになりました。
そしてまたワンコと暮らすという話しを夫としていた時に、
こんな話しが出ました。



「自分たちの年齢を考えると、子犬からお世話をできるのは今が最後だろう」



あと20年もしたら私たちはおじいさんとおばあさんです。
夫は実家にいた頃、子犬と触れ合ったことがありましたが、
私はしずくが最初のワンコだったので子犬は知りません。
もちろん大変なことはたくさんあるでしょうけれど、
一生のうちに一回くらい子犬を育ててみたい、
だったら今しかない……そういう気持ちにもなりました。
でもその一方で「里親になるなら成犬でしょ?」という思いもあり、
決心をつきかねていました。




7月26日、私たちは里親会に伺いました。
ARChのスタッフの皆さんは大変暖かく私たちを迎えてくださって
しずくのことを悼んでくださいました。
本当に嬉しくありがたく思いました。
そして、その会場で私たちはまいと出会ったのです。
初めて会った頃のまいはちょうどこんな感じでした。

20150726_1758604.jpg

あんなさん、お写真お借りしました。



ケージの中に5匹みんなで入っていたのですが、
まいとゆうちゃんが終始ちょこまかしていて
桃太郎くん(仮名 のん太)、りん太くん、アモちゃん(仮名 あい)は
眠ったり起きたりという感じでした。
夫と話し合って、
「ちょこまかとした動きと白い眉が可愛い」
ということで、まいと一緒に暮らしたいと
あんなさんにお話ししたところ、ご了承をいただいたのです。



我が家でのんびり〜〜なまいまい。

P1390752_convert_20150913203141.jpg



<続く>

まいが我が家にやってくるまで その1

今年6月某日、ある動物愛護センターからARChさんに
次のような連絡があったそうです。


「『とある民家の犬小屋を見知らぬワンコが赤ちゃんと一緒に占拠していて、
その家のワンコが自分の家を使えなくて困っている』
という連絡があり、シーズーの母子を引き取りました。
もうすぐこの子たちの期限がきてしまうのですが……」



そこにいたのが、お母さんのハニーちゃん(仮名 真実)と
りん太くん、桃太郎くん(仮名 のん太)、
アモちゃん(仮名 あい)、ゆうちゃん、そしてまい(仮名 らぶ)の
5匹のべびたんずだったのです。



ハニーちゃんは推定1〜2歳のまだまだお子ちゃまなヤンママ(?)です。
きっと初めてのお産だったことと思います。
でもハニーちゃんは誰からも教わらずに
1人で5匹もの赤ちゃんを産んで育てていたんです。
それが本能というものなのかもしれませんが、
これぞ「母は強し」ですよね。



ARChさんに引き取られてからはちばたりあんなさんのおうちで
あんなさんの深い愛情をいっぱい頂いて、みんな、スクスクと大きくなりました。

写真は引き取られて間もない頃に撮影されたものです。

20150701_1725203.jpg

あんなさん、画像お借りしました。



こちらは最近のまいまい。食べ物をが絡むと目がワクワクです。

P1390725_convert_20150913203047.jpg


<続く>

Pagination

Utility

プロフィール

Author:naomika
<しずく>
11062602.jpg

シーズー♀
2004年5月3日(推定)生まれ
2008年3月動物愛護センターからCATNAP(現ARCh)に引き取られ、同年5月3日我が家に来てくれました。
食べることと眠ることが大好きです。
2015年6月25日、お星さまになりました。


<まい>
まい

シーズーmix♀
2015年6月10日(推定)生まれ
2015年6月動物愛護センターからARChに引き取られ、同年9月7日我が家に来てくれました。
ナデナデと抱っこが大好きな甘えん坊。
いつもお尻尾プンプンです。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

しずくの好きなもの

   

里親募集中