『お空ってこんなとこ』

しずくのことを思い出すたび、
今、しずくはどんなところにいるんだろうと想像していました。
食いしん坊のしずくがいくら食べても食べきれないくらい
おいしいものがいっぱいあるんだろうな
(そしていくら食べてもしずくは太らないに違いない)とか。
こちらの世界ではなかなかお友達のできなかったしずくだったけれど、
あちらの世界ではどうなのかなとか。
お散歩はどうしているのかな、
「やぁなの!」とかしてないかな、とか。
目が悪くて肝臓にも胃にも病気があったけれど、
そんな不安はもうないよね、とか。
そして、そして、そして。
わたしのこと、おぼえているのかな…………とか。

17071303_convert_20170712184150.jpg





愛する子をなくしたあと、そんなことを考えている人は
おそらくたくさんいらっしゃると思います。
そしてその思いを絵本になさった方がいらっしゃいます。
ちこちゃん七色ぽっけのちこままさんです。




わたしがちこままさんのブログを知ったのは
ちこままさんの大切なご家族、
マルチーズのちこちゃんがお空に行ってしまった直後でした。
それから1年、きっと幾度となく悲しみにくれたちこままさんは
その思いを1冊の小さな絵本にまとめられました。

20170712193052997.jpg





絵本にはお空での楽しい毎日が描かれています。
詳しくは書けませんけれど、
しずくがこんなふうに過ごしてくれていたらいいなぁと
心から思いました。
いつかこんな優しい世界に暮らすしずくに会える日を
待っていようと思います。
そして、しずくにまた会えたときに恥ずかしくないよう、
毎日を一生懸命に生きていこうと思います。





絵本以外にもきれいなポストカードや栞、
そしてお空のパンフレットといった付録もついてました。

17071301_convert_20170712172631.jpg



ちこままさん、素敵な絵本をありがとうございました。
スポンサーサイト

2年。

早いものでしずくがお空に暮らすようになって2年がたちました。

17062501_convert_20170624181945 (1)


あの頃のことを思い出すと、やっぱりつい昨日のことのようです。




先月にもブログに書きましまた、
最近、しずくが夢や幻(?)で現れるようになりました。
この前も、お風呂に入ろうと居間から出たら
白と茶のふわふわの影が私の目の前を横切って行きましたし。
ほんの一瞬でしたが、まいの隣にしずくがいる夢を見ました。
しずくも里心がついたのかな?

17062502_convert_20170624182017.jpg





お父さんも私もまいもいつだってしずくのことは待っているから、
帰りたくなったら帰っておいでね。

17062503_convert_20170624182039 (1)






しずくのふわふわの耳、外国人の女の子みたいで、大好きでした。
大きな瞳もなが〜〜い睫毛も大好きだった。
前の家に住んでいた頃は、私がしずくとのお出かけを準備してると
嬉しそうに玄関で待っていたね。
おしっこしてないのにトイレシートの上をぐるぐるして
「おしっこしました」ってご褒美をもらいに来たね。
そんなしずくが可愛くて可愛くて仕方なかったよ。

17062504_convert_20170624182106.jpg




またしずくのことを抱っこしたいな。
ふわふわの背中を頬ずりしたいな。
……しずくに、会いたいなぁ。

夢で逢えたら。

少し前の話です。
夢にしずくが出てきてくれました。

17052001_convert_20170520084238 (1)





夢の中で、しずくはひょっこり我が家に帰ってきました。
「しぃちゃんが帰ってきた!」で私も夫も大喜び。
一緒にお散歩に出かけました。
帰ってきて足を拭くと、肉球がずいぶん大きいことに気がつきました。
「この子はしずくちゃんじゃないね」と私が言うと夫は
「そうだよ。しずくちゃんじゃないよ。
でもやっぱりしずくちゃんなんだよ。うちの子なんだ」と言いました。
「そうか、うちの子なんだ。
じゃあ、早くこの子も狂犬病の注射を受けに行かないと」
と思ったところで目が覚めました。

17052002_convert_20170520084259 (1)



しずくちゃん、お母さんの夢に出てきてくれて、ありがとう。
GWに会いに行ったから、来てくれたのかな。
ねぇ、しずく、いつでも帰ってきていいからね。
まいっていうちょっとウザい子もいるけど、
まいはしずくを大歓迎してくれると思うよ。
お父さんもお母さんもずっとず〜〜っとしずくちゃんのことを待ってます。

17052003_convert_20170520090532.jpg

しずくちゃんに会いに。

昨日はしずくの誕生日。
生きていたら13歳になってたね。
(もっとも、最後にお世話になった獣医さんからは
「もう2歳はいっていたのではないか」と言われました)

17050401_convert_20170504075951.jpg





そこで、みんなでしずくに会いに行きました。

17050402_convert_20170504080018 (1)




周りにはタンポポがたくさん咲いていました。

17050403_convert_20170504080051.jpg



ここにはお友達がたくさんいるから、しずくも寂しくないね。
みんなで仲良く過ごしてね。




まいはしずくに会えたかな。

17050404_convert_20170504080141 (1)



このあと、よそのわんこさんのお供えのオヤツを食べて、
お父さんから叱られたまいまいです




お参りのあと、花を見に行きました。<続く>

「ありがとう」の日

今年もこの日がやってきました。
9年前の今日、しずくは旧CATNAPさんにより
動物愛護センターから引き取られました。




愛護センターから出た直後、トリマーさんがきれいにしてくださいました。

10055617332_s.jpg


この頃、しずくはヒートだったそうで、
しばらく病院が預かってくださっていたそうです。
それからあんなさんのお宅とあーちゃんさんのお宅にご厄介になったあと、
しずくは我が家に来てくれました。


CIMG1103_convert_20170325200124.jpg


まいもですけれど、しずくも夫が大好きでした。
もっともまいは老若男女、人間は皆大好きですが、
しずくが好きだったのは女の人と小さい赤ちゃん。
男性は夫以外は概ねダメでした。
お散歩中、男の人に「可愛いね」と声をかけられると
しずくはよく私の後ろに隠れたものです。
そんなしずくだから、夫はとても特別な存在だったと思います。





CIMG7021.jpg


しずくはカメラ目線が得意でした。
オヤツも使いましたが、しずくはなぜか私の咳払いに反応してこちらを向いてくれました。
もっとも10歳を過ぎた辺りから耳が遠くなったようで、咳には反応しなくなりました。





しずくの写真を見ていると、次から次といろんなことを思い出します。
笑ったこと、楽しかったこと、驚いたこと、心配したこと、困ったこと、
いっぱいありすぎます。
そんなこと一切合切ひっくるめて、しずくと過ごした毎日は幸せでした。
愛護センターの職員さん、旧CATNAPのスタッフの皆さん、
しずくの命を救ってくださって、ありがとうございました。
皆さんのおかげで、その後のしずくの命がありました。
私たちの幸福な毎日がありました。
心より感謝申し上げます。

Pagination

Utility

プロフィール

naomika

Author:naomika
<しずく>
11062602.jpg

シーズー♀
2004年5月3日(推定)生まれ
2008年3月動物愛護センターからCATNAP(現ARCh)に引き取られ、同年5月3日我が家に来てくれました。
食べることと眠ることが大好きです。
2015年6月25日、お星さまになりました。


<まい>
まい

シーズーmix♀
2015年6月10日(推定)生まれ
2015年6月動物愛護センターからARChに引き取られ、同年9月7日我が家に来てくれました。
ナデナデと抱っこが大好きな甘えん坊。
いつもお尻尾プンプンです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

しずくの好きなもの

   

里親募集中